青汁徹底調査!青汁の基本的な知識の説明や、原料の種類の違い、含まれる成分の効用やアレンジ方法などをご紹介します。

含まれる成分と優れた効果

    

青汁の原料には、大麦若葉、明日葉、ケールの3種類の代表的なものがあげられます。

具体的な成分のお話

3種類全てに豊富含まれるものと、1,2種類のみに含まれていたり、1種類だけに突出して豊富に含まれている場合もあわせて整理していきます。

大麦若葉、明日葉、ケール全てに含まれる成分

食物繊維は全ての青汁に含まれます。食物繊維によって便がかさましされるので腸内お掃除をしながら排出してくれます。腸内が綺麗になり、毎日スッキリの便秘解消、更に全身の血行も改善されていきます。

ミネラルも全ての青汁に含まれています。細胞の生体機能を向上させることに深くかかわっていて欠かすことの出来ない成分です。

ビタミンCも全ての青汁に含まれています。コラーゲンを生み出すために大きな役割を担っています。お肌(細胞)のつなぎ目を綺麗にしてくれるので美肌、老化防止に役立ち、美容には欠かせないですよね。また、胃がんの原因とされるニトロソアミンの発生を抑制してくれます。

青汁に含まれるビタミンB群の中で特にビタミンB1とB2が重要で、ビタミンB1は全ての青汁に含まれています。
脳の働きを助け、疲れやだるさ、眠気などが軽減されます。脚気に有効な成分として日本では有名ですが、欧米では不足してしまうと脳症を引き起こす原因として知られています。

明日葉とケールに含まれる葉酸ビタミンB2も全てに含まれますが特に明日葉と大麦若葉に多く含まれています。
主に炭水化物やたんぱく質(及び糖質)の働きを支えます。

ポリフェノールも全ての青汁に含まれます。一日の摂取基準は特に定められていません。赤ワインやチョコレートが有名ですが、同時にアルコールや糖分も摂取することになりますので要注意です。青汁の場合はその心配がないところが良いですね。

葉酸は明日葉とケールに含まれ、ビタミンB群に入ります。

妊娠中に母親学級などで葉酸を摂取することを勧められるのは、葉酸がDNAの形成、細胞の分裂を促進してくれ、胎児の成長期に効果的なためです。その他、消化器の粘膜を綺麗に保つ働きもあります。


大麦若葉に含まれる成分

SOD酵素は大麦若葉に大量に含まれています。強力な抗酸化作用を持つ酵素です。
体内の活性酸素を除去します。身体や血管の若返りに有効で、動脈硬化、糖尿病の予防に働きかけます。高血圧が改善されます。細胞を若々しく保ち、美肌効果をもたらしてくれます。

クロロフィル(葉緑素)は特に大麦若葉に多く含まれています。細胞の老化をぎ、血液をサラサラにして良い状態に保つので血栓の予防になります。

イソビテキシンは抗酸化作用を持つ物質で大麦若葉のみに含まれる成分です。体をサビつかせてしまう活性酸素を除去し、活性酵素の発生も抑制してくれる働きがあるということがわかっています。

活性酸素は肌の老化を促してシワやたるみ、シミなどを起こしたり、血管の衰えによる動脈硬化、心筋酵素や脳梗塞などの重篤な疾患を引き起こします。
アンチエイジングのためにもできるだけ抗酸化作用のある物質を摂取したほうが良いでしょう。

 

明日葉に含まれる成分

クマリンは明日葉のみに含まれる香り成分です。抗菌作用があります。また、抗血液凝固作用による血流の改善、むくみ解消効果があります。

カルコンは明日葉にのみ含まれる成分です。葉や茎を切ったときに黄色い汁がにじみ出てきます。その成分の名称で、ダイエット効果、殺菌作用や抗菌作用などがあります。

ケールに含まれる成分

カルシウムはケールに一番含まれています。カルシウムの摂取は骨粗しょう症に有効です。

イソチオアネートはケールにのみ含まれている成分です。血栓を出来にくくして高血圧や動脈硬化も予防します。

メラトニンはケールにのみ含まれる成分です。快適な睡眠を促してくれますのでヒーリング効果もあります。

ルテインもケールのみに含まれます。網膜や眼球の老化を防いでくれ、眼病予防の効果があります。

まとめ

青汁の効果そもそも青汁を摂取しようかな、と思い立つ動機のひとつとして野菜不足解消が目的という方々は多いですよね。そう思って詳しく成分を調べていくと次第に青汁には野菜不足を補うだけではないそれ以上の効果があることがわかり驚くことが多いのです。

更に、青汁に使用される原料の違いでその効果も想像以上に異なるということを知ると青汁の見方が変わってきますよね。

大切なことは、

  • 自分の今抱えている症状を冷静にみること。
  • 身体の健康のためにはどの症状を改善していきたいのか見つめ直すこと。
  • 青汁の成分効果を知ること。

です。これらの考え方をふまえた上で、

自分の今の目的にあった青汁を探すために時間をかけることは結果的に将来の自分や自分の周囲の人の健康のためにもなります。楽しみながら探していけると良いですよね。