青汁徹底調査!青汁の基本的な知識の説明や、原料の種類の違い、含まれる成分の効用やアレンジ方法などをご紹介します。

おいしい飲み方、アレンジ方法

    

青汁の良いところは飲む時間帯などの細かい決まりが特にない点です。
いつでもどこでも好きなように。気軽に食物繊維がとれるので魅力的なのです。

今回はいろいろとある青汁の美味しい飲み方を調べました。

おいしく続けるコツ

最近人気がでてきているのが、粉末タイプの青汁です。続々と新しい種類が開発されているので数ある商品の中から選べる点も魅力です。
今回は長続きの秘訣として、この粉末タイプを使用して、自分の好みにブレンドする方法をおすすめしていきます。

コツは上手なブレンド方法をきちんと見つけることです。
毎日の料理の献立と同じで何回か試していくうちに自分の好みがみつかることもあります。
レシピは自分一人だけではレパートリーは限られてしまいますので定期的にウェブ検索などして更新していくことをおすすめします。

ホットで青汁を飲む場合のオススメ

  • お湯割り
  • 青汁ホットソイミルク

ホットの青汁の基本形では、上記の2点があります。

青汁ホットソイミルクの作り方

青汁の粉末7g、豆乳150mlを用意します。
スプーンで良くかき混ぜます。ホットの液体は膨張しますのでシェーカーは使わないでください。

お好みでハチミツや黒糖をいれても美味しいです。
黒糖は粉末タイプを使用すると溶けやすいです。固形の場合は砕いてください。


アイスで青汁を飲む場合のオススメ

アイスの場合の定番の割り方は、

  • 牛乳
  • 豆乳
  • バナナシェイク

などがあります。

お子さまでも飲めるものとしてバナナシェイクを紹介いたします。
皮をむいたバナナを凍結させたものをミキサーでシェイク状にします。香り付けでバニラビーンズを数滴たらしても良いでしょう。


ジュースで青汁を割ってみよう

オレンジジュースジュースは柑橘系との相性が最も良いのでレモン、パイナップル、オレンジなどを選ぶと良いでしょう。
豆知識 柑橘系ではありませんがマンゴージュースも甘さがとても強いので合いますよ。甘いもの好きなお子さまに良いですよね。

分量は青汁粉末7gに対して150mlのジュースになります。

ヨーグルトで青汁を食べてみよう

ヨーグルトは食材のブレンドで失敗の少ない乳製品です。

青汁粉末2gに対してヨーグルト80gを加えて混ぜます。お好みでフルーツやハチミツをいれると青汁フルーツヨーグルトの完成です。

アイスクリームで青汁を食べてみよう

青汁アイスクリームの味はほとんどバニラアイスクリームに近いので、甘いもの好きなお子さまのおやつにしても良いですね。

青汁アイスクリームの簡単な作り方

まず市販のカップのバニラアイスクリームを室温で柔らかくして、粉末状の青汁7gを加えてスプーンで混ぜてからまた冷凍させます。
緑色の抹茶色の青汁アイスクリームの完成です。


ホットケーキミックスで青汁を食べてみよう

ホットケーキ作り青汁の粉末入りのホットケーキです。ほとんど青汁の味がしません。
ホットケーキにバターとメープルシロップで!お子さまにも良いですよね。

青汁ホットケーキの材料

  • 粉末青汁 1包
  • ホットケーキミックス 150g
  • 卵 Lサイズ1個
  • 豆乳(牛乳でもOK) 100ml

上記を混ぜ合わせてフライパンで焼くだけです。温度設定ができる場合は170℃に設定してください。

お好みで、はちみつ(メープルシロップ)とバターをたらします。

蒸しパンで食べる青汁

蒸しパンは小腹の空いたときや、小さいお子さまのおやつにも良いですよね。
ホットケーキミックスで作れます。

青汁蒸しパンの作り方

材料1

  • 粉末青汁 1包
  • 卵 Lサイズ1個
  • 塩 少々

材料2

  • ホットケーキミックス 150g
  • 豆乳 125ml


材料3

  • バター 少々
  • カップ 6個
材料1を先にボールで混ぜ合わせます。
材料2も入れてさらに混ぜ合わせます。
材料3のカップケーキにバターを塗っておきます。
180℃のオーブンで5分焼き、できあがりです。


ガーリックトーストで食べる青汁

朝食や昼食はパンで済ます人も多いです。
ガーリックトーストに使用されるニンニクは毎日の活力の源にもなります、そこにさらに青汁の成分が加われば、更なる健康への効果が期待されます。

青汁ガーリックトースト

室温に戻したバター100gに対して、青汁粉末7gとすり下ろしたニンニクを混ぜ合わせます。
お好みでパンに塗って食べます。
冷蔵庫で保管すれば数日~一週間ほど持ちますので忙しいときに大助かりです。

まとめ

青汁の美味しい飲み方青汁のおいしい飲み方、アレンジ方法をご紹介いたしました。
アレンジと言っても普段の飲み物、お料理に少し混ぜるだけな方法ばかりでしたので助かりますよね。
パッケージで小分けされている点にも注目です。一袋の分量が明記されています。混ぜ合わせる分量が計算しやすいですよね。

粉末タイプの青汁は飲む方法から食べる方法まで自由にアレンジが効きますのでレパートリーがとても豊富です。
慣れてくれば自己流のアレンジをしてみるのも良いですね。
料理にいれる方法を上手く活用すれば、青汁の味が苦手な方や、野菜嫌いのお子さまにも有効です。

お料理感覚で楽しみながら無理しないですすめていきましょう。