青汁徹底調査!青汁の基本的な知識の説明や、原料の種類の違い、含まれる成分の効用やアレンジ方法などをご紹介します。

青汁の正しい選び方

    

自分に合っている青汁はどうやったらみつかるのでしょうか。
ここでは探すときにおさえておきたいポイントを紹介します。

時間をかけて探すのであれば正しいものを!

青汁を試したいと思ったときに勢いで早速購入しよう!という気持ちになる場合もあります。
実はこのときが肝心で、下調べも不十分にお店やネットなどで適当に目についた商品を購入する前に、自分にあった正しい商品を探すポイントを確認しておきましょう。

最近のよくある商品の探し方や、注文方法は、実物をみて納得したい場合や時間がある場合は店頭まで行ってみますが、その他の場合ではTVショッピングでの申し込み、ネット検索での注文が多いです。

特に空き時間など暇さえあれば、スマートフォンやPCでなにかお得な情報を検索している人々が多いですよね。ウェブ検索で商品をみつける率が高まってきています。

しかし検索の作業もちょっとしたポイントを欠いてしまっていると無駄足に終わります。何時間もダラダラと同じような内容を閲覧していただけという状況がざらにあるのです。

そこで今回は探すにあたってのポイントをわかりやすく紹介していきます。

味について

ここでは青汁の味の決めてについてのポイントになります。

  • 基本的においしいと感じるものでないと続かない。
  • 自分の好みの味は、素材そのものをだしたものなのか、ミックスすることで苦みを抑えたブレンドタイプなのか。

今一度ご確認をしてみてくださいね。

青汁自体のおいしさを追求するのかどうか?

大麦若葉は抹茶味似青汁は大麦若葉、明日葉、ケールの3種類の味を比べると、大麦若葉が抹茶の味に似ているので比較的初心者にも飲みやすいです。ケールは一番苦みがあります。こういった情報の中から、どの商品にチャレンジしたいと考えますか?そのように自分に問いかけることから商品を絞ることもできます

中には、青汁そのもの、持ち味を試してみたいと考えて、苦いと言われてもなんでも経験!試しにチャレンジしたいと考える場合もありますよね。そういう場合は、

  • 普段からオーガニック食品を好む人
  • 有機農法などに関心がある方

として、なるべく加工されていない瞬間冷凍の商品などをおすすめします。

オーガニックとは農薬や化学肥料になるべく頼らず、太陽・水・土壌の恵みを生かした低農薬で作られた作物のことで、敏感な方は味の細やかな違いがわかります。

青汁販売のホームページでは有機JASマークを取得しています。これは禁止されている農薬は一切使用していないという確証のあるマークです。

ホームページ以外でも店頭販売の場合はパッケージにも記載がされていますので確認することができます。

ジュースなどで割っておいしく飲めるのかチェック!

青汁の苦みが気になるという場合は柑橘系のジュースで割ると良いと言われています。青汁の商品によって割りやすいのかどうかの違いも出てきますので、気になる商品があり、サンプルが取り寄せられるのであれば、試しに取り寄せてブレンドしてみるのも良いですね。

青汁自体に乳酸菌やはちみつをプラスしておいしさアップしているものもあります。開発が進み、商品数が豊富であるのは嬉しいですよね。

やはり気になる安全面確認のポイント

メーカーの信頼性も選ぶポイントになります。

気になった商品の会社HPなどはチェックしてください。HPの仕様などで問い合わせ用の窓口がどの程度充実しているのか判断できる目安になります。HPに産地や含まれる成分についてきちんと開示されているのかどうかもわかります。

産地は外国産のものよりなるべく国産のものを選んだ方が安心安全です。国産の場合は日本人の手で栽培から収穫までの工程をきちんと管理されているからです。

続けられる価格帯を選ぼう

青汁はだいたい一ヶ月単位で販売される商品が多いです。健康食品は定期的な摂取により徐々にその効果が現れてくるからです。

ゆくゆく定期購入することを念頭にいれている場合はできるだけ安価なものを探したいと思いますよね。そのときの注意点として値段が安いということだけを最優先にすることはNGです。

信じられないほど安いものは結果的に安かろう悪かろうになってしまいます。基準価格は小分けタイプでも、ゼリーやジュースの場合でも、一日一包(一個)と計算すると、大体100~120円程度が目安になります。

計算方法は、1箱で販売されているものを、入っている個数で割り算すれば良いのです。一般的に平均より高い値段を出せばより品質のよいものを入手できる確率はあがりますし、極端に安い場合は品質に対しての不安がでてきますよね。

定期購入を視野に入れるようにして自分の中での価格の上限を決めておきましょう。

まとめ

青汁選びのポイント青汁を選ぶ基準、おおまかなポイントは抑えられましたよね。あとはそれぞれの好みがありますので優先順位を自分の中で決めて、価格第一なのか、成分なのか、製造方法なのか、選択していければ続けられる方法がみえてきます。

じっくりと探してみてくださいね。